ブログ / Blog

「子どもの欠点=親の自己責任」? そもそも子どもに欠点があるのかな。

子ども用サプリメントが流行っている?のでしょうか。

今朝このようなタイトルの記事を読みました。

「子供用サプリ普及背景、“子供の欠点=親の自己責任”の考えに」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190213-00000005-pseven-soci&p=1

確かに最近、子どもメインのインスタなどを見ると、奥の方に子ども用サプリメントが写り込んでいます。

スポーツキッズ系のアカウントで拝見するので、恐らくPRなのかな。

サプリメント。私は継続して飲むことを習慣化出来ないので、あまり詳しくないのですが、市場等を調べるとメーカー側にとっては利益率等も含めてとても旨みのあるマーケット。

さらに日本ではキッズマーケットがあまり手がつけられていない市場であるため、参入も多いと思われます。

サプリメントの効能は別にして、記事で気になったのは、コメントの最後の方にある

「子どもの欠点=親の自己責任」

というフレーズ。

発達段階にある子どもに、そもそも欠点なんてあるのかな。

足りない部分があったとしても、未発達なだけで「欠点」とは違うのではないかなー、、、と朝から感じた週の真ん中水曜日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください